能の苦悩

2012年6月 4日 (月)

むさしやの足袋

24.5cm極細四つ足
足の指がちょー長い私のための足袋でござる。
あつらえないとダメかと諦めていたら、さすがは銀座でござる。普通に売っておりました。

1338801819248.jpg

履くとこんな感じ
1338802217642.jpg
なんかカモシカの足みたい…チョット気持ち悪い。

2012年5月29日 (火)

H24年 涌宝会大会

H245


先週土曜日、今年も矢来能楽堂での大会が無事終了。

いつもと大きく変わったのは、実力UPのお弟子さんが増えたせいか〈舞囃子〉がほとんどで〈素謡〉が三つしかなかったことです。と、いうことはわたくしのような素人弟子では出番が全然ないということです・・・いままでは、こっそり人の素謡の後ろで謡うのが楽しみだったのに。

でも、舞囃子が多かった分、見応えはありました。ほんと、みなさんの気迫から日ごろからの努力がうかがえ・・・なんちゃって弟子の私は、《時間がないから練習できない》ことを正当化しさぼっていたことを心から反省する機会となりました。

とはいえ、わたくしなりに今回は努力しました。今回のチーム「土蜘蛛」は、若さと女子力をアピールしたチームだったので(当日まで、顔合わせしないので想像上では・・・ですが)、他の出演者の足を引っ張らぬよう髪をかわいいピンクベージュに染めましたheart01

柏山聡子先生の地謡がとても謡いやすくnoteきっもちええ~noteでした。

2012年5月 7日 (月)

あ~ 愛の鞭

なんでしょう・・・think  今日は、先生と「土蜘蛛」の大声合戦でありました。

そばで聞いてる母と輿水さんは、失笑気味。私は、息が上がって酸素欠乏気味。もう、本番での力も出し切った感じです。

本日、前回のお稽古からまったく練習していなかったのでモチベーション ZER0ぜ~ろ~。そこをなんとか打破しようとお稽古には、着物でLet's GO!着物でお出かけって楽すぃ~lovely と、モチベーションup

なのに、このしごきcrying  疲れた・・・

2012年4月27日 (金)

本日の放下僧

本番、1か月となりました。

いままでの曲よりたっぷり時間をかけているのにしっくりきません。内容はおもしろいんだけどね・・・

でも、気を取り直して今日の先生からの〈ポイント〉

おおらかに 視線は目の高さで 所作は美しく・・・・

単純な動きのリピートだからこそむずかしすぎーーーーーもうやだよう(。>0<。)

2012年3月31日 (土)

「放下僧」仇討の現場

瀬戸神社によってみた。想像していたより狭くて階段を登ったらすぐ建物(?)でびっくり。牧野小次郎が仇討ちをしたところはどこか捜したのに、狭い敷地なくせに見つからずガッカリしていたら、植木市場の植木に隠れてたつ看板を発見。 1334112600264.jpg 1334112602901.jpg 16号をはさんで海側に弁天様が祀られているから、昔は地続きだったのかもね。

2012年2月24日 (金)

小鍛冶2

小鍛冶、二度目の練習日です。
長唄の小鍛冶と全然違うんですね。

唄本の日本語が読めません…
日本語にルビをウツのに必死です。

今日のポイント
ゆっくり聞こえるには技がある。
つっこんで入ってゆっくりたっぷり
1330085034648.jpg

2011年3月12日 (土)

土蜘蛛

大地震の後にもかかわらず川崎に能「土蜘蛛」を見に行ってきました。
駅ビルは完全閉鎖。歩いてる人もまばらだし、電車はすきすき。車輌も短く編成され地震の影響ありありの中、上演続行の強い意思に勇気をもらいでかけてみました。

1299931369699.jpg
川崎能楽堂は川崎市が持つ能楽堂で思いのほかこじんまり。土蜘蛛が吐く蜘蛛の糸が客席まで届く迫力の舞台を堪能しました。
一度、余震があり見所が一瞬ざわつきましたが、舞台は何事もなかったように続行。さすがですね

2011年2月 6日 (日)

能教室発表会

横浜能楽堂の10回かぎりの能教室に通いました。先生は、出雲先生。ちょっとおじいさんに見えますが、声は良いし、なんともユーモラス。おじいさんではありませんでしたcoldsweats01 

喜多流の先生です。ほんとは、とても偉い先生だと思うのですが。

謡は「月宮殿」

仕舞は「西王母」

Photo_2 

2011年1月15日 (土)

カウントダウン1!

カウントダウンする間もなく、あす、謡初です。

心を入れ替えて今年こそは真面目に練習するぞと思うのですがやっぱりいつもと変わりません。

仕舞は、「羽衣」のキリ

昨日からなんとなく謡に合ってきたような気がしますが、天女の気持ちがよくわかりません。「満願真如」なのでうれしいのでしょうか・・・ちょっと怒っているのでしょうか・・・

謡も同じく「羽衣」 シテを謡います。ワキを予定していたM本さんが仕事で参加できず、和久先生が代役してくれます。緊張します。「せん~up方も」のウキが上がりきれません。

一晩寝れば全部できているようになればいいのになbearing

2011年1月11日 (火)

あと6日・・・「羽衣」キリ

cloudhappy01東遊の数々に

東遊[立つ]の数[右受け]々に。名も月moon3[正面へ]の宮人は。

三ゴ[引分ヒラキ]夜チウの空にまた。

 [サシ 右回り]   満願真如のとなり。

  ゴ願えん満[正面へヒラキ]国土成就。

[扇ニテ二つマネキ  shine七宝充満の正面へ 5歩]shine [フミトメ] をふらし。[角トリ  4歩]

[扇左ヘトリ] 国土にこれを[正面ヘ受ケテ出ス] 施したまふ さ[左へ回ル]る程に。

時移って。の羽衣。

[扇二ツハネ左ヘ出] typhoon浦風になびきたなびくtyphoon

[右受ケ見廻シ]保の松原浮嶋が雲の。

[扇右ヘトリ正ヘサシ 右ヘ廻リ] 愛鷹山やfuji冨士の高嶺。

かすかになりて天つ[カザシ 廻返シ]みそらの。

霞に[正へヒラキ]まぎれて。

[打込ミ]失せにけり。

飛鳥舞台での初謡まであと6日・・・・間に合うのか

より以前の記事一覧